Juzablog

戎三郎ミエラ(渡辺順一)のblogです。
渡辺主催のリーフファイト大会の告知等もこちらで行っています。

戎三郎ミエラ、渡辺順一へのメッセージでblog内の記事に関連しないものがありましたら
右欄下LINKSにある「コメント用記事」へコメントする形で寄せていただければありがたいです。
 
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
 
RECENT COMMENT
ARCHIVES
 
夏コミ参加および8/12(水)の平日大会休止のお知らせ
今夏開催のコミックマーケット88に参加します。
参加日:1日目(8月14日(金))
配置場所:西へ−04b
サークル名:無有限会社オレジナル
頒布物:ゆっくリーフ ver9.0

ゆっくリーフ ver9.0の内容は以下を予定しています。
  • LEAF FIGHT デッキレシピ・解説
  • Chaos TCG ISカートン開封記録・デッキレシピ
  • 拡散性ミリオンアーサー(PSVita版) デッキレシピ・考察
  • その他TCG雑感
今回も皆様からのデッキレシピ・解説を現在募集しております。
ご協力いただける際にはこの記事のコメント欄で寄せていただければと思います。
コメント欄では書き辛い場合には
info(α)maideria.com
にメールでお願いします。アドレスは(α)をアットマークに直してください。
その際も見忘れ等防止のためメール送信した旨コメント投稿をお願いします。

また夏コミ前のLF平日大会ですが、8月12日は大会ありませんのでご注意ください。
相変わらずここの更新やLFポータルへの登録をサボっていますがLFの大会はずっと続けています。
平日水曜19時頃にグランドパンダキャニオンへどうぞお越しください。
- | 10:53 | comments(8) | -
コメント
from: nori   2015/12/03 8:09 PM
一年前に組んだ智子の再掲です(微妙に改変あり)

L:保科智子(Ver1)
C:24+1
4:梶原夕菜(Ver5)、立田七海(Ver5)、綾之部可憐(FC3)
2:香月恭介、ディー、メイフィア(Ver1)、澤田真紀子
1:ティリア(Ver1)、ユズハ、フランク長瀬、シルファ(FC3)
T:4
4:夕菜&七海
E:27
4:降霊術、臨時収入、スカウト、コネクション、噂話
2:ハプニング、ガセネタ、身代わり
1:インスタントヴィジョン
F:4
4:スルー

デッキの動きとしては、夕菜&七海を完成させる、それだけです。
夕菜&七海さえ作れれば、もう一つの結末と放棄で二回バトルを防げます。
アヒルのコックさんで放棄のHP減少分を回復できるのもポイント。

また、そこにメイフィアが出れば、三回分のバトルを防ぐ事ができます。
バトル宣言対応で智子からコストを出すか、智子コストで結末を模写します。
智子受けだと結末で智子が起きるので、そこからもう一度コストを出しましょう。

相手のバトルが1枚の場合はもう一つの結末を先に宣言したくなりますが、
結末はバトルの結果の計算をしたときにも使えるので、放棄を先が基本。
結末は前衛受けでも使えるので、ディーのバトル参加が重要な選択肢になります。

七海がVer5なのは、タッグ化できない場合に七海でもバトルを防げる為です。
夕菜がVer5なのは、その七海を狙われた時に思いやりで回避する為ですね。
勿論、七海をFC2にして管理人したり夕菜をFC3にしてハックルしても良いです。

勝ち手段は、スルーを採用している事もあり、割り切ってデッキアウトのみ。
模写わるだくみやディーにアヒルのコックさんで頑張って削りきりましょう。
恭介もかなりのキーキャラ。裏表で救出を4回言えば大抵の相手は止まるかと。

殴らない相手だと分かっていればリーダーチェンジ恭介も十分ありだと思います。
from: nori   2015/11/29 1:29 AM
冬コミ用の記事がなかったので、コチラに投稿します。

L:森川由綺(Ver2)
C:24+1
4:ゲンジ丸、ショップ屋ねーちゃん
3:雛山理緒(FC)、湯浅文月
2:オボロ(Ver7)、スフィー(Ver3)
1:宮内レミィ(Ver1)、長岡志保(Ver1)、岡田・松本・吉井、
 たま(Ver1)、シェラミレーヌ、須磨寺雪緒(FC2)
B:8
4:カラオケ、ステージ勝負
E:18
4:降霊術、死中に活、妨害工作、挑戦状
2:濡れ衣
I:5
2:一文無し
1:悪夢、孫属性、マイマイク
F:4
4:ライジング・コスト

ここ数ヶ月、妨害工作と挑戦状とライコスを4投したデッキを研究していて、
坂下、マルチ(応急修理マニュアル型)と試して、入賞出来たのが今回の由綺。
0コストで打点6出せるバトルが2種類あり、回復持ちなのでうってつけかと。

根性属性なので一文無しや悪夢を先攻で貼れる可能性があるのもポイント。
ゲンジ丸とオボロの採用で、一裏の動きを止めると共に、心の支え要員を確保。
オボロ増やして待ち合わせや恭介を入れてみたい気もする。流石にやりすぎか?

ガチンコ勝負を不採用の理由は、ステージ勝負の補正も消えてしまうからです。
その代わりに孫属性とマイマイクを投入したものの、属性の捻出がチト厳しい。
いっそバトルをカラオケだけにして、待ち合わせと拓也を投入する手もあるか?

待ち合わせを採用する場合は、濡れ衣が抜ける候補か。
濡れ衣は、ぶっちゃけ現さいたまチャンプの生け贄メタなので…
付けスラ奪えれば強いよ!(実際は理奈相手に引かずメイフォン相手に腐る罠

これを叩き台に、この手のデッキを研究する人が増えてくれればなと思います。
from: じんせいさとる   2015/08/06 9:49 AM
貴明になります。

リーダー 河野貴明

キャラ13

4…長瀬源五郎・田沢圭子
1…柚原このみ・マルチ・ミルファ・イルファ・セリオ(FC)

タッグ2

1…マルチ&イルファ・圭子&セリオ

イベント37

4…降霊術・付け焼き刃・スランプ・バージョンアップ・おとぎ話・転機・コネクション・応急手当
2…ガセネタ・身代わり
1…噂話

バトル7

4…熱湯風呂
3…隠し芸

■解説

昔ながらの源五郎エンジンでロボを呼び出し前衛で殴るデッキ。
最近の殴りデッキは女性リーダーが多い事もありかなりの硬さを発揮できるものの、それ以外のデッキには厳しめ。
特に岸田には100回やっても勝てなそう。
なのでまず大会の傾向を見極めて殴りデッキが多そうな時に使うのがいいかと。

・キャラ
4積みは必須キャラ、他はロボパーツ+残り1枠埋め用のこのみ。
フランクとはお互いメリットデメリットあるものの、前衛を回復できるフランクでいいと思います・・・がタカくんなのでせっかくなのでこのみを採用。
コネクションをフルで積んでいるのでドロー促進、バーン、回復がなくても源五郎で使いまわせるシルファなどを入れても良さそう。

・タッグ
往復で使え自身でも複数回殴ったりと便利な圭セリ、セリオを使えないのでアタッカーはマルチ&イルファで。
マルチを抜きシルミルイルで3体合体すればキャラ枠が2つ空くもののミルファのパンプがなくなるのとタッグ化するまで殴れない、タッグまで時間がかかると多分厳しいかと。
感殴りにするか力殴りにしてチップスを入れるなどすれば特徴が出るかも?

・イベント
ドロー、サーチ、火力、回復とスタンダードな構成。
バージョンアップは昔はどうせ源五郎で持ってくるんだしと入れてませんでしたが、やはり最近の環境だと1ターンでも早く態勢を整えるのが重要なので投入。
キャラは少なめなものの圧縮カードが多いのでキャラ事故はめったにないです。
転機はチョンボが怖いなら神だのみなど他のカードに差し替えでも。

・バトル
環境によっては芸と風呂の数を逆転、肝試しの投入などを検討。
ただスカウトなどの確実に欲しいカードを持ってこれるイベントがないのであまり種類をばらけても欲しいバトルを持って来られなそう。
from: 渡辺順一   2015/08/04 11:51 PM
皆さんデッキレシピの寄稿ありがとうございます。
例によって原稿はギリギリセフトなスケジュールで作成しておりますので、
まだ寄稿してもよいデッキレシピをお持ちでしたら
今週末までにこちらに書き込んでいただければ反映できるかと思います。
よろしくお願いします。
from: じんせいさとる   2015/08/03 2:11 PM
ちょっと遅いかもしれませんが最近作ったシャーロムを。

リーダー シャーロム姉妹

キャラ8

4…姫川琴音・橘

イベント47

4…降霊術・ガセネタ・応援・床上手・画策・弓矢・クリティカル・不意打ち・スカウト・臨時収入・贖罪
2…身代わり
1…封印

フィールド4

4…アンチ・ドロー

■解説

アンチドロー+画策で相手の手札を減らしリーダー即死を防ぎつつバーンで相手リーダーを削っていくデッキ。
殴りデッキ相手にはリーダーにシャーロムを置いた時点でかなり有利な上、バーンにも使える不意打ち、床上手で複数殴りにも対応できるので序盤の投げつけ以外ではそうそう死なないはず。
殴り以外に対しても序盤にアンドロ画策が揃って手札を削れればそれなりに戦えるかと。
シャーロムは澤田が天敵なのですが勝ち手段がバーンなので早めに退場させることが出来るのも強み。

・キャラ

バーンキャラの中から制限のない琴音と0コストで賢キャラ、アンドロが貼れればデメリットのなくなる橘をチョイス。
他のバーンは重かったりデメリットが面倒だったりで入らず。
2キャラとも出なくても琴音かアンドロ+橘が来ればイベントと合わせて焼き切れることが多い感じ。

・イベント

キャラを減らせるシャーロムの強みを活かしてデッキの2/3以上がイベント。
シャーロムシステム+アンドロ画策を当てにして防御カードは少なめ。
クリティカルはダメージ効率はあまり良くないもののダメージを与えるタイミングが強いのでフル積み。
防御重視にするならクリティカルを減らして遠隔操作、応急手当、封印あたりを増量か。
贖罪はバーンデッキには必須カードで1ターンに10点以上削れることもざら。
場合によっては床上手、応援、封印などもバーンカードに。
特に応援は味方のバーンキャラと相手のキャラを起こしてから不意打ちを打つというのは常套手段だったり。

・フィールド

デッキコンセプトに関わってくるので4積み。
他のアンドロデッキと違いコストとアンドロ画策が揃っていても後攻を取るので(これは人によって変わるかも)先攻1ターン目にドローカードを連打されるのは割りきりましょう。

まだ大丈夫そうであれば貴明も追加で投稿するかもしれません。
from: エイルちゃん様   2015/08/01 3:49 PM
こんにちは。夏コミの本用の原稿をお送りしますので、よろしければ使ってください。

デッキ名:「ハヤテのごとく!」のごときデッキ

リーダー:1
1:マルチ(Ver1)

キャラクター:15
2:湯浅文月、コリン、雛山理緒(FC)、綾乃部可憐(FC3)
1:新城沙織、森川由綺(FC)、吉岡チエ、ウー・ヤー・ター、リーフォン、ゲンジマル、コロネ・ココ・ネココ

アイテム:1
1:レベルアップ

イベント:36
4:降霊術、死中に活、転機、おとぎ話、応急修理、好物、付け焼き刃、スランプ
2:噂話
1:封印、身代わり

バトル:6
4:熱湯風呂
2:隠し芸

フィールド:1
1:エキサイト

《解説》
 「ハヤテのごとく!」で、マルチがリーダーと思われるデッキが出てきたことがありましたね。
 それに触発されてこのデッキを作り始めたのがこのデッキでした。
 デッキ名に見合うようドローの速度を極限まで高めようとしたのが、それまで使っていたマルチデッキとの一番の違いでした。

 このデッキは「ドローし続けること」「回復して生き残り続けること」「バトルで殴り続けること」の3つの目的に特化させているため、「その目的に対して即時に直接的な効果が得られないカード」を入れる余地がありませんでした。
 一般的に多用される有用なカード(例えば、挑戦状や封印)が入っていなかったり、枚数が少なかったりしますので、そういったカードの投入を研究していただければデッキ冥利(?)に尽きると感じています。

 さて、それでは使い方や各カードの投入理由などを以下のとおりカテゴリ別に分けてお伝えしますね。

・デッキタイプ
  マルチがバトルで直接的なダメージを与えていくタイプのデッキです。
  ドローカードを大量に積んでデッキを圧縮しているのが特徴で、「ある1枚のカードを引く確率」が通常のデッキの1.5倍近くになっています。
  降霊術や死中に活を6積みしているかのようなペースで引くことでドロー加速を実現しています。

・攻撃
  マルチがバトルでひたすら殴ることを主体とし、前衛を倒しやすくするために湯浅文月、ウー・ヤー・ター、レベルアップで打点を上げています。
  付け焼き刃で打点を上げてからエキサイトや森川由綺(FC)により複数回バトルをするのが理想的な攻撃手段で、その状況をなるべく早く作るためにもデッキを回し続ける必要があります。
  なお、挑戦状は是非とも入れたいところでしたが、試行錯誤の結果、抜くことにしました。
  マルチの攻撃をリーダーと前衛のどちらで受けても対戦相手が困るような場面が比較的多く、挑戦状を使う意味がある状況が予想より少なかったことが一番の理由でした。

・防御
  相手の攻撃はリーダーで受け、回復カードで気力を戻していくことが基本的な動きですが、前衛で受けられる打点であれば、積極的に前衛で受ける必要があります。
  もしその時に相手が付け焼き刃やスランプを使ってきたのであれば、こちらも使って対抗してください。
  デッキの性質上、手札の枚数が勝っていることがほとんどですので、相手の方が先に手札不足になるため、その後の展開が非常に読みやすくなります。

・キャラクター
  素早く展開できるよう0コストキャラを多めに積みました。
  また、序盤に同じキャラを2枚を引いてしまうと展開が遅れるため、キャラを可能な限り散らしています。
  ドローの要となるコリンを3枚積んでいた時期もありましたが、コリンだけ引けてもしょうがない状況が目立ちました。
  なお、アイテムやフィールドなとへの対策にイベントのスロットを割くことができないため、その代わりの仕事ができるキャラを優先的に選んでいます。

・イベント
  このデッキのコンセプトに必要不可欠なカードをすべて4積みしたら、カウンターを少し積む余地しか残りませんでした。

・フィールド
  エキサイトの破壊力は抜群ですので、バトル数枚と付け焼き刃が引けていたら迷わず使ってください。
from: nori   2015/07/17 7:55 AM
折角なので、今年の東京公式で使用した鬼神楽も紹介しておきます。

L:ベナウィ(Ver4)
C:13+1
4:柏木耕一(Ver1)、柏木千鶴(Ver1)
1:柏木楓(Ver1)、柏木梓(Ver1)、柏木初音(Ver1)、リネット、片桐恵(FC3)
T:4
4:耕一&千鶴
B:3
3:鬼神楽
E:38
4:降霊術、おとぎ話、スカウト、コネクション、臨時収入、応援、裏切り
3:待ち合わせ、封印
2:時間稼ぎ
1:挑戦状、身代わり
F:1
1:エキサイト

鬼神楽で必要なのは、タッグパーツとバトル。
タッグパーツはコネクションで引けるなら、残りはバトル。
じゃあリーダーでバトル引っ張って来れたら強いよね?

という訳でベナウィ(Ver4)の鬼神楽。
自分はベナウィ単騎も使っていたので、真逆のデッキを用意した形でもある。
タッグ化してもバトル引けなくて負けるのが鬼神楽なので、一つの解答かなと。

タッグパーツが揃うまでは作戦を打たずに全力でコネクション。
エントリードローがおとぎ話だった場合は、作戦で鬼神楽に変える事が可能。
中盤以降も、ダウンドローを鬼神楽に変換できるので作戦は腐りません。

鬼が全てVer1の理由は、隠し芸アタッカーになる事ができるからです。
…前日の大会ではバトル構成が鬼神楽クイズ隠し芸で付けスラ入りだったとか。
連戦を利用してのブラフという訳です。一応バトル逆利用できるし良いかなと。

イベント枠は、裏切り4枚が特徴ですね。
これは完全なチョンボメタ。鬼神楽はサーチが肝で、さらに作戦もあるので。
コストは手札の不要な鬼を切りコストにすれば良いよね。

ぶっちゃけタッグ化しきれてないので、裏切りは神だのみで良いと思います。
from: nori   2015/07/17 7:24 AM
一年前に紹介した鬼神楽が鬼神楽で殴らなかったので今回は普通の鬼神楽を。

L:雛山理緒(FC)
C:12+1
4:柏木耕一(Ver1)、柏木千鶴(Ver7)
1:柏木楓(Ver6)、柏木梓(FC)、柏木初音(Ver1)、リネット
T:4
4:耕一&千鶴
B:4
4:鬼神楽
E:36
4:降霊術、死中に活、おとぎ話、転機、神だのみ
3:待ち合わせ、応援
2:コネクション、すり替え
1:インスタントヴィジョン、身代わり、噂話、時間稼ぎ、封印、安眠
I:2
1:闘志、リベンジ
F:1
1:エキサイト

リーダー雛山の時点で何年前のメタデッキだって話ですね。総帥どこいった。
まぁ、生け贄デッキがさいたまチャンプになったし、多少はね?
臨時収入や可憐に頼るデッキや、Ver4ルミラ使う人もいるし(主に俺とか)

という訳で、リーダーが先に決まって、置物でも勝てる鬼神楽。
置物とは言え、根性属性が出るのって鬼神楽だと強いと思うんですよね。
臨時収入が使えずスカウトが入らない分もドローでカバーできるし。

キャラ枠は、待ち合わせ死中に活を狙って耕一がVer1。
ただし、楓はVer7にせずVer6にし、0コストイベントの使い回しを狙う。
他は感性に寄せて、エキサイトリベンジを狙えたらいいなーとか。

イベント枠は、引いたのに揃わない時用にすり替えを採用。
もう打てない死中に活とか、腐ってる待ち合わせを底に送ると吉。
一応、タッグパーツ以外は底に送ってもタッグ化すればシャッフルできます。

転機は一応コンセプトがドローなので採用。本当は他のカードに回したい枠。
応援は、臨時収入がなくて打ちにくいので3枚。本当は4枚にしたいところ。
タッグ化、リベンジ絡めた攻め、応援楓からの身代わりと役割が多いので。

昔入賞した実績はあるし、今の環境ならワンチャンあると思います。
コメントする